• ブライドルレザーベルト(セミオーダー)
  • ブライドルレザーベルト(セミオーダー)|刻印
  • ブライドルレザーベルト(セミオーダー)|着用写真
|
Bridle Leather Belt

ブライドルレザーベルト(セミオーダー)

日本産の丈夫なブライドルレザーを用いたシンプルなベルトです。シンプルなバックルは真鍮素材をひとつひとつ手曲げによって作成しております。一般的なバックルよりも革への負担が少なく、留め後が残りづらくなっています(意匠出願済み)。男女兼用で、ご自身のサイズを計測いただくセミオーダー制で、バックルのピンがぴったり真ん中の穴にくるように制作いたします。

size: 幅 3.5cm | color: black

Bridle Leatherブライドルレザー

植物タンニン革の中でも最も丈夫な部位に、手仕事でにロウを丹念に擦り込むことで浸透させたブライドルレザーと呼ばれる革を使用しております。ブライドルレザーはイギリスに古くから伝わる製法の革ですが、こちらは日本の職人によってで作られたブライドルレザーになります。

新品時は、ブルームと呼ばれる擦り込んだロウが表面に表れ粉を吹いたように見える場合がございます。使用を重ねることで光沢のある革になってきます。表面のロウの具合は個体差があり、ひとつひとつ違った表情をお楽しみいただけます。

Backleオリジナルバックル

バックルは、1本の真鍮棒をひとつひとつ手曲げで加工して制作しています。独特な形状は革への負担が少なく留め後がつきにくいため、ウェストサイズが変わっても長くお使いいただけます。(意匠出願済み)

Brass真鍮

革と同じように経年変化を楽しんでいただけるよう、真鍮無垢素材の金具を使用しています。徐々にくすんだ風合いになり、味わいが増していくのが特徴です。シルバーのように、磨いてメンテナンスすることで、光沢を維持することも可能です。

We choose solid brass metal fittings so that you can enjoy the aging as well as leather. Gradually oxidized like silver as time passes. Can also be polished to keep shining.

サドルステッチ

Saddle Stich手縫い

サドルステッチという手縫いの技法を用い、ひと針ひと針、丁寧に縫い上げています。1本の糸の両端に針をつけ、8の字に交差させながら縫い上げる技法で、もとは耐久性が必要な馬具などを縫う際に用いらていました。ミシン縫いに比べて何倍も時間がかかりますが、手でしっかりとテンションをかけながら縫い進めるため、大変丈夫な縫い目になります。縫い上げた革の断面は、ツヤが出るまで丹念に磨き上げて仕上げます。

Saddle stiching is the traditional technique to sew leather by hand. Two needles are attached to both sides of one piece of waxed thread, and leather parts are bound up together tightly. It is time consuming but the seems with tension is way stronger than a machine stitching. After stiching, leather edges are burnished thoroughly.

Craftsman職人

革の裁断から染め、縫い、磨きまで、すべての工程を1人の職人が大切に制作しています。商品によっては1つの製品を作り上げるまでに数日要することもあり完成までお待たせすることもございますが、品質を第一に真摯にものづくりに励んでおりますので、何卒ご了承いただければ幸いです。

Only one craftsman is responsible for all the process of crafting, and some items requires more than few days. In spite of that, we stick to handcrafting because quality has always been our first concern.