• レザーコインケース タン - Tan Coin Case
  • レザーコインケース タン - Tan Coin Case
  • レザーコインケース タン - Tan Coin Case
|

Coin Case

片手にすっぽり収まるレザーコインケース。口が大きく開き小銭が取り出しやすくなっています。丸い留め具は真鍮製。植物タンニンなめしのヌメ革を手染めにて染色。ブラウン、タン、ネイビーからお選びいただけます。

A coin wallet was designed to open 90 degrees and fit in your hand. Full grain vegetable-tanned leather is hand-dyed into brown, tan and navy.

¥11,400 (Check the price in USD or EUR)
size: 9 x 6 cm | color: tan
アイテムコード:w_coin_tan
革素材

Leather革素材

素材の革は、国産のヌメ革の中でも最も上質な革を使用し、蜜蝋とオイルを混ぜたオリジナルのワックスを丹念に浸透させています。初めはマット目の質感ですが、使用するにつれて徐々に光沢が増し、徐々に経年変化を楽しむことができます。

We use finest quality vegetable-tanned full grain leather made in Japan. Original beewax is additionally rubbed for the purpose of durability. Slightly matte texture will be gradually polished in your pocket and aged to shine.

Coloring染色

1枚革で仕入れたヌメ革はパーツごとに切り出し、拭き染めという技法を使って1点1点手染めで染色しています。均一的に染められた革とは違い、微妙な濃淡をお楽しみいただけます。

Each leather part is hand-dyed using cotton one by one to creates subtle gradation of color, which cannot be achieved by mechanically colored leather.

Brass真鍮

革と同じように経年変化を楽しんでいただけるよう、真鍮無垢素材の金具を使用しています。徐々にくすんだ風合いになり、味わいが増していくのが特徴です。シルバーのように、磨いてメンテナンスすることで、光沢を維持することも可能です。

We choose solid brass metal fittings so that you can enjoy the aging as well as leather. Gradually oxidized like silver as time passes. Can also be polished to keep shining.

サドルステッチ

Saddle Stich手縫い

サドルステッチという手縫いの技法を用い、ひと針ひと針、丁寧に縫い上げています。1本の糸の両端に針をつけ、8の字に交差させながら縫い上げる技法で、もとは耐久性が必要な馬具などを縫う際に用いらていました。ミシン縫いに比べて何倍も時間がかかりますが、手でしっかりとテンションをかけながら縫い進めるため、大変丈夫な縫い目になります。縫い上げた革の断面は、ツヤが出るまで丹念に磨き上げて仕上げます。

Saddle stiching is the traditional technique to sew leather by hand. Two needles are attached to both sides of one piece of waxed thread, and leather parts are bound up together tightly. It is time consuming but the seems with tension is way stronger than a machine stitching. After stiching, leather edges are burnished thoroughly.

Craftsman職人

革の裁断から染め、縫い、磨きまで、すべての工程を1人の職人が大切に制作しています。商品によっては1つの製品を作り上げるまでに数日要することもあり完成までお待たせすることもございますが、品質を第一に真摯にものづくりに励んでおりますので、何卒ご了承いただければ幸いです。

Only one craftsman is responsible for all the process of crafting, and some items requires more than few days. In spite of that, we stick to handcrafting because quality has always been our first concern.